記事一覧

コインチェックに登録して取引しようとしてみたら出来なくなりました

こんにちは。
シンイチロウです。

先日の記事から、いよいよ仮想通貨の購入をしてみようとした矢先。

コインチェックから約580億円相当のNEMが流出するという大事件が起きました!

結果、全ての取引が停止し、私の振り込んだお金も出金停止に。。。
このお金は返ってくるのかどうか、コインチェックは再開するのか非常に気になっております。


事件の経緯(簡単に)

コインチェックから秘密鍵というパスワードが何らかの方法で盗まれる。
コインチェックではNEMをインターネットと繋がった状態、所謂ホットウォレットという状態で保管されていた。
1/26 午前3時頃、約8~9回に分けて、当時のレートで日本円で約580億円のNEMがコインチェックより送金される。
1/26 昼頃、コインチェックでNEMの残高が異常に減っている事に気づき一連取引を停止させる。

私も丁度NEMかリップルを購入しようとチャートを見ていたのですが、
購入画面でNEMとJPY、NEMとBTCが取引できなくなっていたため、
少し様子見をしていた状態でした。

結局、インターネットから隔離された状態のコールドウォレットに保管されていなかったとか、
ずさんな管理が明るみとなってきました。。。


NEM保有者に対し返金も発表されたが。。。今後は?

その後NEM保有者への返金も発表がされましたが、
・日本円での返金予定で、レートは損失当時のレートで約88円前後。
・返金方法によるが、場合により翌年所得税が発生し、実質税金分が減損する可能性がある。
・自己資金で賄うとの事だが、お金の出どころが現時点で不明瞭な部分が多い。
と、最悪の事態は免れそうですが内容について賛否両論が出ています。

そして、一番の関心事である 預けてある日本円や他の仮想通貨は返ってくるのか、
コインチェックは再開できるのか、この辺がまだ見えてきていない状態で、
一度、コインチェックより金融庁へ報告がありましたが、内容が不十分であるとして、
同社は再回答を求められております。


ネット上でノミ行為の記事などを見かけるが。。。

私も専門家ではないので詳しくはわかりませんが、取引画面上で取引したように見せかけて、
その裏では実際に取引をせず、取引したかのように見せかけるのを、
呑むという語源から、ノミ行為というそうです。

FX等では行われており、金融業界では認められているとの事ですが、
今回のコインチェックが当てはまるかどうかはハッキリしていません。

私個人的には、少額の取引は回数が多くなると煩雑になるし、
購買職の経験者としては一度に買うに越した事はないので、
法に触れてなければ良いのかなと思います。

しかし、コインチェックに預けているはずの仮想通貨とコインチェックが実際に保有しているに差がある場合、
仮に取引が再開されたとしても、仮想通貨市場価格が上昇していた場合、その価値の分だけの返金は難しいし、
混乱が起きて出金が殺到すれば、最悪破産した上に全部返せないという状況になる事もありえますね。

やはり株式などの投資にしてもそうですが、基本的には自己責任となりますので、
最悪は0円になっても仕方ない余剰資金でやっていくことが大切ですね!

とりあえず、私は成り行きを見守りたいと思います。
憶測が飛んで風評になりコインチェックが倒産してお金が返ってこないなんてことにならないように。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター