記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職活動~転職サイトの気になる求人の見分け方について

こんにちは。
シンイチロウです。

前回から引き続きまして、転職活動の際に気になる求人が見つかった時にどうするか書いてみます。

転職サイトに登録したら希望条件を打ち込み検索をしてみます。
検索すると、大抵大手で常時募集をかけているような企業さんが初めに沢山出てくると思います。

検索一覧でのポイント


・常に募集をしているところは避ける。
・同時に沢山の部署で募集をしているところは避ける。
・検索結果の画面で、残業なしとか離職率○○%(低い数字)とか甘い言葉が記載してあるところは避ける。
などです。


求人内容をみるポイント

・仕事内容や勤務地などの募集内容
・休日や福利厚生など … 完全な土日休みは、完全週休二日制と言います。月に一日でも土曜休みがあれば、週休二日制と言います。 年間休日を書いてない場合は確認した方が良いでしょう。
・残業時間 … 過去の経験から、残業20時間以内とか書いてある場合はもっとある可能性があります。忙しくて人手が不足しているから募集するわけです。 具体的に書いてある方が信憑性が高いかもしれませんが、参考程度にしておきましょう。
・給与 … 20万円以上とか、色々記載がありますが目安としてみておきましょう。 会社によっては基本給が低く設定されており、ボーナスが少ない会社がありますので、参考年収が書いてあると良いと思います。 


口コミサイトで検索する


ある程度絞りこんだ求人(会社)は、口コミサイトで検索してみます。
検索方法としては、「会社名 口コミ」、「会社名 評判」などと検索すると出てきます。
出てくる会社と出てこない会社がありますが、
私の経験則と合わせると、規模の大小や口コミの内容にもよりますが、100件以上悪い口コミがあるとあまり良くないと思います。
以前、エージェントに勧められた会社があったのですが、あまりの口コミの多さに驚き断念しましたが、その後勤めた会社でその企業から転職されてきた方と偶然会い、お話を聞くと凄まじい状況であった事がわかりました。(汗)
ですので、長時間の残業が多いとか、時代錯誤な研修があるとか、よっぽどの内容であれば避けた方が無難でしょう。


以上が、私なりの求人の見分け方についてでした。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。