記事一覧

転職活動~会社に辞意を伝えて退職をするまで

こんにちは。
シンイチロウです。

転職活動において色々と大変ですが、何回会社を退職しても思うのが、
辞意を伝えるタイミングも最も難しい事の一つだと思います。
経験則を踏まえ説明していきます。

いつ辞意を伝えるべきか


法律上は、退職の2週間前に辞意を伝える=退職願いを出すと退職する事ができます。
しかしながら、現実には会社の体質や、職場での人間関係などがありそのようにはいきません。
一般的には退職日の1か月~1か月半前が目安となります。
また、円満退職を重視するのであれば、
就業規則で何か月前に申し出ると記載があればその通りにしても良いでしょう。
(※仮に就業規則で6ケ月と書いていても法的な拘束力はありませんが。)

もし内定が決まっていれば、退職に1か月+有給消化1か月を経て次の会社へ行くのがベストではないでしょうか。


退職でもめる場合

すんなりと退職を認めてもらえると良いのですが、大抵の場合は一度は引き止めを受けまし、
会社によってはなかなか辞めさせてくれない事も少なくありません。

もしあなたが絶対に辞める意志があるのであれば、不満や次にどうするかを聞かれても、
次の会社が決まっている事だけを話して、どんな理由で辞めるかは伝える必要はありません。
たんたんと、次の会社が決まっているので辞めたい事を伝えましょう。
仮に、次の会社が決まってないと言ってしまうと必要以上の引き延ばしを受け、
退職時期を上手くコントロール出来なくなる事があるためご注意下さい。
また、下手に不満を言うと改善するとか色々と言われるのですが、
大抵はその場限りの口だけですし、それをやってくれる職場であればそもそも退職しようとは思わないはずなので、
不満は伝えないようにし、やりたい事があるなどと伝えます。
人間は前向きな事に対しては反発しにくいところがありますので。

また、無責任などと罵られる事もあろうかと思いますが、
退職の意志が決まっているのであれば、今だけと割り切り聞き流しましょう。

如何にこれ以上引き止めても無駄だと相手に思わせるかが重要となります。

それでも退職を認めてくれない場合は、

・法律上2週間で辞めれる事を知っている事(就業規則等は無効である事)
・認めない場合は労働基準監督署に相談せざるをえない事
を伝えてみましょう。
※課長以上の管理職の場合は1か月の退職というのは責任上難しい場合はあります。
逆に、管理職でない場合は、例え1か月の引継ぎが無理だと言われたとしても、
跳ね除けて問題ありません。

労基の話を出すとほぼ問題ないと思いますが、
それでもどうにもならない場合は、
・本当に労基に相談する
・内容証明配達や簡易書留などで退職届を出す
などする事にはなりますが、あまりこのような事に労力を使いたくないので、
出来るだけ穏便になるようにするのが無難です。
私の経験でもそこまで揉めた事はありませんが。。。


退職願いを出す

退職日が決まった場合は退職願いを早々に出します。また、退職を認めない場合も意思表示として渡す事も有効です。
退職願いは書き方があるのですが、面倒な方はセットを購入しましょう。

【メール便対象】日本法令 労務 38 退職願

価格:314円
(2018/2/14 09:14時点)
感想(3件)




退職理由は大抵の場合、一身上の都合になります。

仮にパワハラやサービス残業などの問題が会社側にあった場合は、
退職理由に本当の事を書く猛者もいらっしゃるようです。
また、ご本人に気力と時間があれば、労基や弁護士と相談の上会社都合に持っていったり、
未払いの残業代を請求なんて事もできなくはないようです。


周囲や取引先へいつ伝えるか

退職を伝えるのは会社からの発表やOKがあってからです。
発表前に自分からいつ辞めるとは言わない方が良いでしょう。

退職が公になったら


・引継ぎ
・資料等の整理・処分
・取引先や関係先へ後任の連絡
等をしていきます。


退職日の動き

・返却物(保険証など)を返す。
・離職票の受け取りまたは確認(後日郵送の場合がある)
・必要書類をもらう(雇用者被保険者証、年金手帳、資格喪失証、離職票、源泉徴収票など)
※退職後の入手は非常に手間なので、必ず必要書類は入手しておきましょう。
※無くしている場合はコピーをもらうなどもありです。
・私物を持って返る(名刺は出来れば持って帰りたいです。)
・社内の挨拶回り及び挨拶メール(ネット上のものを参考に)


と大まかに退職までの流れを書いてみました。

非常に労力を要しますが、退職できた時の解放感も何とも言えないものがあります。
また、良い事ばかりでもないのですが、新しい道を進んでいると自信を持って、
日々前進していきたいですね。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター