記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォークマン NW-WM1Aがapt-Xに対応、Bluetoothとコーデックについて

こんにちは。
シンイチロウです。

一昨年に購入したウォークマンNW-WM1Aがついに apt-Xとapt-X hd に対応したので、
その喜びと、今さらながらBluetoothについて書いてみたいと思います。

Bluetoothとは


無線通信の規格の一つで、2.4GH帯を使用します。
現在では、パソコンのキーボードやマウス、ゲームのコントローラーの接続などにも使われています。
何と言っても一番のメリットとしてはワイヤレス化ですね。

ちなみに、2.4GHというと思い浮かぶのは電子レンジですが、
家庭で使える電波の一つが2.4GHなため、色んな機器に使用される帯域でもあります。
我が家では、電子レンジを使うと何となく通信が不安定になります(笑)


Bluetoothのプロファイル

通信する用途に応じてプロファイルという方式のようなものがあります。
音声通信の場合は、 A2DP とかになります。
当然ですが、このプロファイルが使用する機器同士で対応している必要があります。
ウォークマンなどのデジタルオーディオプレイヤー(以降DAP)も、
Bluetoothにほぼ対応してきており、大抵 A2DP の対応となります。


Bluetoothの音声通信のコーデックの種類

また音声通信にはコーデックというものがあり、それぞれデータ通信量、音質、速度が異なっています。

コーデックは下記のようなものがあります。
・SBC … 標準的なコーデック、BTのヴァージョンアップで徐々に性能が良くなってきた
・AAC … アイフォンなどで使われているコーデック
・apt-X … CSR社(現クアルコムが後に買収)の開発したコーデック、データ量が多く低遅延、より遅延が少ないタイプもある
・apt-X hd … apt-Xの上位版
・LDAC …ソニーが開発したコーデック、データ量が多く低遅延、通信状況により3タイプのビットレートがある、最大で990kbpsに対応


コーデックが何故重要なのか?

スマホやDAPで音楽を聞かれている方はご存知かと思いますが、
音楽データには保存の形式とビットレート(圧縮率)があり、数値が低いほど高圧縮(容量が小さい)で、低いほど高音質となります。
再生機のデータ容量、自分の入れたい楽曲数、音質に拘るかの兼ね合いになってきます。

主な保存形式としては
・MP3 … 一般的な圧縮形式、ビットレートは320kbpsが最大
・AAC … アップル製品で多い形式、MP3より音質は良い、ビットレートは同じく320kbpsが最大
・WAV … CDと同じ音質の無圧縮形式、データ容量が大きい、ビットレートは1411kbpsのみ、DAPで使うとアルバム情報を付けられない方式でもある
・flac … CD音質の可逆圧縮形式、WAVより容量は若干小さい、DAP側で可逆しながら再生するため電池を早く消費する、ハイレゾ音源はflacが多い
があります。

例えば、コーデックのビットレートが320kbpsに対応していないと、MP3の320kbps圧縮の音楽は、
せっかくの良い音質で聞く事ができないわけです。(SBCも良くはなってきていますが。)
ダウンロードで購入できるものは大抵320kbpsはありますしね。


おススメのコーデックは

おススメのコーデックは apt-X です。今回アップデートで対応されたのがとても嬉しいです。
当然音質面ではapt-X hdやLDACの方が良いのですが、何せDAPとヘッドホンが対応していないといけないため、
普及具合からすると apt-X は対応している機種も多く、選択の幅が広がります。
例えばソニー製品はLDACしか使えないとかされると、ヘッドホンを好きな物に出来ないのです。

Bluetoothイヤホン・ヘッドホンが熱い!


Airpodsのヒットで、Bluetoothのイヤホン・ヘッドホンが非常に熱くなってきています。
特にイヤホンの方は小型製品が増えており、価格も割高ではありますが、
種類が増えるにつれて安いものも出てきており、これから良い製品が沢山出てくると思います。
ヘッドホンはLDACやapt-X hdの登場により、より高音質でワイヤレスが期待できます。
ハイレゾ音源もデジタル通信で聞いた方が有線で聞くよりも、高音質?なんて話もあったりなかったりします。
いずれにしても今後が楽しみですね。

なお、くどいようですが、Bluetooth対応機器購入の際は発信側と受信側でプロファイルとコーデックが対応しているか必ずご確認下さい。
例えば、アイフォンはAACに対応しているけど、apt-Xには対応していなかったりします。
また、対応しているからとは言え発展途上であるため、製品によっては電波が良く途切れると言った事もままありますので、
自分の使用環境でも問題なく使えるかも口コミ等で必ずご確認の上お願いいたします。

それでは、皆さんもお好みのコーデックで、高音質・ワイヤレス生活を楽しんで下さいね!

SONY(ソニー) NW-WM1A BM【ハイレゾ対応】【ウォークマン】【送料無料】

価格:129,470円
(2018/2/14 12:57時点)
感想(1件)



WH-1000XM2B ソニー ノイズキャンセリング機能搭載Bluetooth対応ダイナミック密閉型ヘッドホン (ブラック) SONY 1000Xシリーズ [WH1000XM2BM]【返品種別A】

価格:40,917円
(2018/2/14 13:41時点)
感想(1件)



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。