記事一覧

株式投資を始める前に証券会社口座と銀行口座を用意しましょう

こんにちは。
シンイチロウです。

現在、日経平均株価がバブル崩壊後以来の高値を更新するなど、株式市場は賑わいを見せています。
前の会社は、産業機器・医療機器などの中に入るものを製造していましたが、
産業機器の受注高というのも経済指標の一つとなっております。
ただ調べてみましたがここ数年安定はしていますが、そこまで増えていませんでした(汗)

それはさておき、私は株式投資を初めてから数年にはなるのですが、
ほとんど利益が出ず悲しい状態です。。
しかし、たまにもらえる株主優待が結構嬉しかったりします。

そこで今回は株式投資を始めるにあたり、始めの口座開設について書いてみようと思います。


証券会社をどうするべきか

最初に結論を言いますと、難しい事は良くわからないという方は(私を含め)、
証券会社と連携している銀行で口座を作るのがおススメです。

私はSBI証券と住信SBI銀行を使っておりますが、利点として
・銀行口座と証券会社の口座(SBIハイブリッド口座)の入出金がスムーズ
・上記の口座間での手数料はかからない
・ネットで操作が可能
・金利もそこそこ良い(SBIハイブリッド口座の場合)
があります。

また特にネットバンクだと提携しているコンビニのATMでは、
毎月一定回数まで手数料無料等になったりします。

私の場合は下記のような使い分けをしています。
①地方銀行…給与の振り込み口座
②住信SBI銀行(普通口座)…細かい引き出しをする口座
③住信SBI銀行(SBIハイブリッド口座)…株式で使用する口座
この場合、①→②へは振り込み手数料がかかりますが、②からATMで出金する際は月数回は手数料無料です。
また、②↔③の資金移動は手数料無料です。

株式売買で利益を出しても都度お金を移動したり出金するたびに手数料を取られるのも損ですよね。

私の場合は、セブンイレブンの利用が多かったので、出金手数料無料な住信SBI銀行+SBI証券となりました。
今なら、楽天スーパーポイントがたまる、楽天銀行+楽天証券もおススメです。


口座同時開設の申し込みをしてみましょう


住信SBI銀行 口座開設
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i030101CT
SBI証券 銀行口座と同時開設
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=service&dir=service&file=home_sogoaccount.html

ここでは、SBI証券のホームページから同時開設を見ていきましょう。
口座開設をクリックし、基本情報のページまで進みます。
基本情報以外のポイントを説明すると

〇特定口座
・開設する(源泉徴収あり)…証券会社で確定申告までしてくれる
・開設する(源泉徴収なし)…確定申告は自分です。
・開設なし…損益計算と確定申告を自分です。
年間20万円以上の雑所得がある場合は確定申告が必要となるのですが、
20万円以上の売買益を見込まれる方は 開設 が無難かと思います。
20万円も稼がないもしくは、自分で確定申告される場合は 源泉徴収なし でしょうか。

〇NISAと積立NISA
・NISAは簡単に言うと、通常かかる株式の売買益や配当金等の税金が一定金額の範囲で非課税となるものです。
・ただし、年間の取引金額が一定金額の範囲内になるため、要は短期的な売買は出来ないという事です。
・投資信託など基本あまり動かさないものの口座としては良さそうです。
これも後でも申し込めますので今回は申し込まないとしておきます。

〇住信SBI銀行 ハイブリッド預金 預かり金自動スィープサービス
上記でも説明したハイブリッド口座なので申し込みます。

このやり方の場合は、銀行のキャッシュカードではなく、認証カードが先に届き、
追ってキャッシュカードの発行手続きが必要だそうです。

認証カード
https://contents.netbk.co.jp/pc/help/help_account_11_3_ncard.html
キャッシュカード発行手続き
https://contents.netbk.co.jp/pc/help/help_account_11_5_ncard.html


取引に必要なお金を準備しましょう

1~2週間程度で、証券会社から必要書類が届きますので、
認証カードを確認したら、まず取引する金額をメインバンクから振り込みしましょう。
また、同時にキャッシュカードの申し込みも上記URLから行っておきましょう。

一旦、普通口座への振り込みとなりますので、
振り込み後、住信SBI銀行のHPにログインし、
普通口座からSBIハイブリッド口座へ振り替えます。

これで、株式の取引に必要なお金が口座に準備できました。

次は実際にどんな風に買うか説明しようと思います。


コメント

No title

コメントありがとうございます
リンクしました
よろしくお願いします

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター