記事一覧

クレジットカード払いでお得にポイントを入手する方法

こんにちは。
シンイチロウです。

今回は私が入っている保険の担当から教えてもらったクレジットカードを使った節約について書いてみます。

私も社会人に成りたての頃はクレジットカードは凄く怖い印象があり、
すぐ悪用されるのではないかという不安からあまり使う事に前向きではありませんでした。
また、街中でショッピングをしていても、何かとクレジット機能付きのカードを勧められて、
不要なクレジットカードが増える事もあり、鬱陶しささえ覚えます。

ネガティブな事を書きましたが、使い方を考え自分の用途に合わせれば、
上手く活用する事も出来るためかなりおススメです。
私の場合は楽天カードのVISAを使っています。

保険の担当さん曰くファイナンシャルプランナーがまず勧めるのはクレジットカードの活用だそうです。

ネットで作りやすい(審査が通りやすい)クレジットカードを調べたところ、
楽天とYAHOOが特に作りやすいようですね。


カードを申し込んでみましょう


私の経験から楽天カードの作り方から説明したいと思いますが、
普通に楽天のホームページから必要事項を入力するだけですので、
ここでは迷いそうなポイントだけご説明します。

・ブランド選択…お好きなブランドを選択して下さい。強いていうならVISAは世界で最も使われているブランドではあります。昔ならnanacoとの連携でJCBをおススメしていましたが、昨年末から連携が無くなったようです。
・カード選択…PINKは女性向けのサービスが通常よりも多いようですが、年会費もかかるようなので、年会費無料の普通の方をおススメします。
・メールアドレス…やたら楽天からメールが来ますので、フリーメールでアドレスを作っておいた方が良いです。
・楽天カードからのお知らせ…後で受け取らないに出来るので、100ポイントもらえる受け取るにしておきましょう。
・リボ払い…絶対に申し込まないで下さい。カード節約術と相反します。申し込み後も沢山のポイントを条件に案内が来ますが、くれぐれもは申し込まないようにして下さい。
・家族カード…対象となる家族の方が個人で楽天カードを作った方がポイントが多いので、特に申し込みは不要と考えます。
・ETC…年会費がかかるようになります。ここでは普段使いとしてのカードを想定しているため、ETCは別でカードを作られた方が良いかと思います。
・EDY機能付帯…今回の活用ではEDYとの連携も想定しています。ただし、カードと一体のため不用意にカードを出し入れする事に抵抗がある場合、EDYはスマホでも使えるので、その場合は付帯しなくてもOKです。
・EDYオートチャージ…ご自身で随時チャージする場合は無しにします。(このオートチャージはカードにEDY付帯の場合のみ)
※後から、オートチャージに変更もできますし、キャンペーンもあります。
・楽天EDYからのお知らせ…EDY付帯の場合は、稀に楽天スーパーポイントからEDYへの移行キャンペーンがあるため受け取りしておくと少しお得です。

後は勤務先情報等なので割愛させていただきます。
入力後、届くまでは審査を含め数日から数週間ほどかかるようです。

なお、キャンペーン期間の申し込みなどで5000~ポイントがつくというのがありますが、
キャンペーンにエントリーをしておかないとキャンペーンのポイントが付かないのでご注意下さい。
また、おそらく期間限定ポイントがいくらか付与されますが、文字通り期間限定なのでご注意下さい。
それと、ポイント付与は大抵翌月とかになりますので、すぐには付かないのでご注意ください。






支払いにクレジットカードを使ってみましょう


まず初めにクレジットカードの節約というのは基本カードで支払う事によって還元されるポイントを上手く使う事になります。

例えば、年間100万円の買い物をするとします。楽天カードの場合1%のポイント還元ですから、
楽天カードで支払った場合、楽天スーパーポイントが10000ポイントつくという計算になります。
楽天スーパーポイントは楽天市場や加盟店で1ポイント1円として使用できますから、
結果的に1万円が使えるという事とほぼ同じ意味になります。

という事で、出来るものは全てカード払いにします。
・アパートの家賃
・携帯やスマホの代金
・普段の買い物
・飲食費や交際費 など
これだと100万円を超えるケースも多いと思います。

ポイントが付与されるキャンペーンもありますので、上手く組み合わせていきましょう。
※エントリーしないといけないものもあるのでご注意下さい。

また、余談ですが楽天スーパーポイントは楽天EDY(電子マネーの一つ)への移行もできるので、
楽天EDYにしてコンビニやスーパー等で使う事ができます。(電子マネーの方が使えるお店が多いです。)
ちなみに、楽天EDYの使用でも楽天スーパーポイントが0.5%分たまるので、
未検証ですが 普段使いで1% + 変換した楽天EDY使用で0.5% = 1.5%の還元になりそうな気がします。

電子マネーについてはまた別の記事で書いてみようと思います。


使用明細は毎月確認しましょう


最後に、登録したメールアドレスに毎月使用明細の確認メールが届きますので、
必ずチェックしておきましょう。
件数が多いと見にくい場合もあるので、ある程度金額の大きい場合はカード払い、少額は電子マネー払いとしておくと、
カードの明細も見やすいかもしれませんね。

それでは皆さんもクレジットカードを上手く使ってみて下さいね。


楽天EDYはこちら↓

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター