記事一覧

労働契約法の改正~有期雇用の5年ルールについて~

こんにちは。
シンイチロウです。

過去に労務管理セミナーを受講した事があるのですが、
その際にテーマの一つであった 有期雇用の5年で無期雇用への変換ルール が、
いよいよ平成30年4月より申し込み可能となりますので、
今回はそれについて書いていきたいと思います。

下記厚労省のHPリンクです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/kaisei/

概要は、有期雇用者の待遇改善のため、平成25年4月より数えて5年以上同じ職場で働いている場合は、
無期雇用への申し込みが出来、企業側は対応する義務があります。

受講当時、社内でも正社員並みの仕事をしているのに、待遇は契約社員という方も数名おり、
待遇改善のため上司にかけあった事もありますが、なかなか難しいのが現状でした。
これを機に是非対象となる方は申し込みをしていただきたいと思っております。

※会社の対応により必ずしも正社員待遇にはならない場合もあるようですが、
無期契約となれば雇止めの心配は無くなります。

しかしながら、4月を前にして急に雇止めを言い渡されるケースも出てきているようです。
また、どうしても企業側の方が強い場合には、申し込みが出来ないような状況を作られる可能性もあります。
私の経験でも、サービス残業や有休や産休を認めない企業はまだまだあり、
キチンとした知識を持って慎重に対応する必要があります。

申し込みを行っても認めてくれない場合は、労働基準監督署(以降労基とします)に行くことになるわけですが、
私も以前パワハラやサービス残業で労基に相談に行った事がありますが、
企業と揉めている状態を 紛争状態 といい、それに対して企業に勧告を行ってもらえるようですが、
あくまで対応する裁量は企業側にあり、強制力はそこまでないとの事でした。
先日、成人式で話題となった はれのひ でも給料の未払いに対して再三の勧告があったにもかかわらず、
対応されなかったのは記憶に新しいところです。

さらに対応となると、本格的に労基に対応をお願いするわけですが、
余程強い意志がないと結局退職せざるを得ない状況になる可能性もあり、
それなりのリスクがあると言わざるを得ません。

私個人的な考えとして
・上司や人事と本件の話があった際には細目に記録をとる(場合によっては音声記録など)
・社内の情報を確認しておく
・4月以降の世間の情報を確認しておく
・労基に相談をする
など事前に準備をしておき、状況を判断して対応を取られた方が良いかと思います。

少しでも多くの人の待遇が改善される事を祈っております。
また、上司に当たる方も事前に知識を持っておいていただければと思います。

無期転換申込権への対応実務と労務管理 [ 布施 直春 ]

価格:2,376円
(2018/1/20 15:17時点)
感想(0件)



はじめての人のための世界一やさしい労務管理がよくわかる本 [ 片桐めぐみ ]

価格:1,512円
(2018/1/20 21:35時点)
感想(2件)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター