記事一覧

好きな電子マネーを入手して使ってみましょう

こんにちは。
シンイチロウです。

クレジットカードに引き続いて、今回は電子マネーについて記事を書いてみようと思います。

電子マネーとは。。。

電子マネーとは、データ状のお金です。現金やクレジットからチャージする事により、
同額のお金として使用する事が出来ます。


そして、電子マネーの分類はというと下記になるようです。
・プリペイド式
・後払い式
・交通系
・他
となります。

具体的にどんなものがあるか?

おサイフケータイで使えるものを上げていきますと、
・楽天Edy…使えるお店が多い。通販でも使える。
・WAON…イオンで使える。
・nanaco…イトーヨーカ堂、セブンイレブンで使える。税金や保険料などの支払いにも使える。
・QUICPay…ほぼどのコンビニでも使える。後払い式。
・Suica…ほぼどのコンビニでも使える。JRの乗車にも使える。
等があります。

メリット・デメリットは?

メリットはというと、
・支払いがスピーディ。
・小銭ジャラジャラが無くなる。
・使用するとポイントがたまる。
・連携しているクレジットカードでチャージするとポイントがたまる。
・後払い式は事前のチャージが不要。
等があります。

デメリットは
・入れてしまったお金は現金に戻せない。
・事前のチャージが面倒。(プリペイド式でオートチャージしない場合)
・一回のチャージ及び上限金額があり、高額な商品の支払いには向かない。
・使用できる場所が限られる。(現金やクレジットカードと比べると)
・コンビニでのチャージは現金でしかできない(=クレジットチャージのポイントつかない)
※コンビニの端末ではパソリと同様にクレジットからのチャージが出来ます。
等かと思います。

どれを使うか迷われるかと思いますが、
基本的には良く使うお店で対応しているものを選ばれたら良いと思います。


私のおススメは。。。

楽天Edyです。 おサイフケータイの場合 たまる設定 で楽天スーパーポイント以外がたまるようにできるのもおススメのポイントです。 ※その場合は必ず ためる設定 をして下さい。

また、フェリカポート か パソリ があれば、自宅でのチャージやアマゾンなどの通販でも使えます。
インターネット上であまりカード番号を入力したくない方には良いかと思います。
※なお、楽天Edyに対応しているブラウザはIE(インターネットエクスプローラー)のみです。
Edy viewer (チャージや残高確認)はこちら↓
https://edyviewer.rakuten-edy.co.jp/edyviewer/index.html

楽天Edyの入手方法は、
・楽天カードに付帯で申し込む。
・スマホのアプリでダウンロードする。
・対応するアクセサリーを購入する。
となります。

また、スマホご利用の方は、楽天スーパーポイントのカードアプリもインストールをしておいて下さい。


ポイントが溜まる流れは、
①Edyチャージはクレジットからチャージする。(還元率0.5%)
②Edyで買い物をする。(還元率0.5%)
③加盟店ではポイントカードを出す。(スマホの方はアプリのバーコード)
④たまった楽天スーパーポイントは極力キャンペーンを利用してEdyへ変換する。(キャンペーンのEdyは後日付与)
このようなメールが来ます。↓
キャンペーン1
キャンペーン2

※楽天市場で買い物をされる方はEdyにしなくても良いかもしれません。


これで、クレジットカードの節約術で得たポイントと合わせると、
かなりお得ですね。
なお、買い物で付与されるポイントは翌月に付与されますので、
気長に待ちましょう。

付与されたポイントの履歴は、ポイントカードのアプリから確認するができます。
↓↓
楽天ポイント履歴

次回はネットで調べてみて良かった電子マネーの使い方を書いてみたいと思います。

それでは。



パソリなどの購入はこちら↓


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

PR

おススメ

カウンター